×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車社会とカーナビ

車社会とカーナビ

あなたは車をもっていますか?

 

現在の日本では、自動車の保有率はしょうしょう減少の傾向にあるそうなんです。

 

にもかかわらず、2人に1人は自動車を保有している計算になっているということです。

 

ようするに、多くの家庭には最低一台の自動車を持っていることになりますよね。

 

もしくはほとんどの家庭では1台といわずに、複数の自動車を所有しているという事になります。

 

これってすごいことですよね。まぁ、携帯電話とまではいきませんがすごいと思います。

 

日本は昔から車社会と言われているそうですが、この傾向はこの先も衰えることは、おそらくないのではないでしょうか。

 

それだけ自動車は日本人にとってもかかせない道具の一つなのです。

 

まして、交通の便がよろしくない田舎なんかでは、電車やバスだけでは生活が困ってしまいますよね。

 

やはり、自動の保有率も田舎のほうになると、どうしても高い傾向になってきます。

 

このような状況の中で、カーナビの保有率も、ここ数年では非常に高くなってきています。

 

なんと、現在のカーナビの保有率は33%を超えているということで、3台に1台以上の割合でカーナビが自動車に取り付けられている計算になります。

 

たしかにわたしの車にもカーナビはついていますし、彼女の車にもカーナビがついています。

 

カーナビの機能は、たた単に地図を表示するだけではありません。

 

すごくいい機能がたくさんついています。

 

メインの機能であります地図もいろんな場所に関しての情報を表示してくれるので、
自動車で知らない場所にお出かけする際には、かかすことのできないものになっています。

 

とくに、車でよく知らない場所にお出かけをする人にはカーナビの機能は必須と言えるでしょう。

 

たまにしか遠出をしないという人にも、万が一のときにそなえてカーナビは心強い味方だと思います。

 

今の自動車社会の日本では、携帯電話と一緒で、カーナビはなくてはならないものになってきていると思います。

 

だって、あるとないとではまったく利便性が違いますからね。

 

とはいえ、まだまだ30%台の保有率なので、これからどんどんと伸びていくのではないでしょうか。

 

これからカーナビを取り付けてみたいというかたもいるかと思いますので、
そういった人でも簡単にカーナビを取り付けられるよう、これからカーナビについてさまざまな情報を一緒に見ていくことにしましょう!